新着情報 / What's New

日本語 English
6月22日発表で、残念ながらビリヤードの一次審査通貨はなりませんでした。
しかし今回の経験を生かし、東京以降の大会では、その国のNFとWCBSに協力することでオリンピック参加運動を続けてゆきたいと思います。
2015/06/22


2月末より始めた署名運動は5月末を持ちまして終了いたしました。
多くの皆様にご協力いただき大変感謝しています。
マスコミの報道によると種目採用に向けての運動がヒートアップすることを避けるため、6月22日の一次発表までは、組織委員会も各団体との接触は避けているようで、組織委員会への署名の提出はなりませんでした。
ビリヤードが一次選考に残った折にはプレゼン資料として使わせていただきますので、その際は又ご報告いたします。
2015/06/19


6月12日、エントリー種目の発表がありました。エントリー種目はこちら
2015/06/02


WCBSは、6月6日、日本時間のほぼ零時にオリンピック追加種目のエントリーを完了しました。あと2週間で一次選考の通過種目が発表されます。ビリヤードが残るよう皆さんも応援してください。
2015/06/08


国際ワールドゲームズ協会理事、日本ワールドゲームズ協会国際担当執行理事・国際委員長である師岡 文男氏より以下のレポートをいただきました。
 2015年5月8日、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、開催都市提案による追加競技選定のため、IOC公認国際競技団35団体から冬競技2団体を除く33団体に申請要項を送付した。
 申請書には、「提案内容」「付加価値」「組織」「人気」「日本での状況」の5項目21の質問が記されており、「提案内容」では種目数と種目名のほか、開催日数、参加選手数、会場計画、「人気」では世界的なテレビ放映の現状や視聴者数、放送権の販売実績、「日本での状況」では、日本での競技人口や全国大会の実施状況のほか、世界選手権直近2大会の日本選手の成績に関する回答を求めている。大会組織委員会は若者へのアピール度や五輪の機運を高める国内での人気度も選考の原則に掲げており、武藤敏郎事務総長は5月11日の記者会見で「IOCの視点と大会組織委員会の視点のバランスを取った」と説明している。
 大会組織委員会は申請を6月8日に締切り、第1段階の選考結果を6月22日に発表する。8月初旬に東京でヒアリングを実施し、有識者会議などでの検討で絞り込んだ候補を9月30日までに国際オリンピック委員会(IOC)に提案。来年8月にリオデジャネイロで開催されるIOC総会で正式決定する。
2015/05/15


WCBS会長のジャン・クロード デュポン氏が組織委員会への表敬訪問のため来日することとなった。
表敬訪問は11日を予定している。
2015/03/04


 NBAから現在の状況を発表します。ビリヤードはオリンピック競技として必要な条件、つまりIF(WCBS)がIOCの承認団体であるということを満たしており、AGENDA2020によって追加採用されるかもしれない種目として、資格を有しているということです。
 選考の材料のひとつであるIFレポートも、WCBSの事務局長であるMr. Maximeが所有しており、日本語に訳したものをJOCに提出しました。
 今後の流れとしては2月上旬、選考方法・選考基準・スケジュールを決める会議(プロジェクト・レビュー)があります。
 その後、組織委員会(TOCOG)の中に設置されている検討委員会で選考し、最終的にIOCと協議して決定されます。
 今後も新しい情報が出ましたら随時このページで発表します。
 海外のウェブサイトにはかなり間違った情報がアップされていますので要注意です。
2015/01/26
  Unfortunately, billiards did not make it into the preliminary selection for its inclusion into the Olympics. However, using this experience, the NBA pledges to give full support to national federations and the WCBS when renewing Olympic activities for 2024 and beyond. 
22, June, 2015


 12, June, there was a release of an entry federation.
Click here
12/06/2015


 At approximately midnight (Japan time) of June 6, the WCBS concluded the entry of its bid for inclusion as an Olympic sport. The sports that have made it through the first round of screening will be announced in two weeks.We ask that everyone continue to support billiards in its bid for Olympic qualification.
08/06/2015


 May 8, 2015: The Tokyo Organising Committee of the Olympic and Paralympic Games (TOCOG) made available an application for the selection of additional events by proposal of the host city to the 33 member organizations of the Association of the IOC Recognised International Sports Federations (ARISF).

 The application contains 21 questions in 5 categories: proposal, added value, organization, popularity,and situation in Japan. "Proposal" includes number of events, names of events, number of days, number of players, and venue plans; "Popularity" includes the current international situation of television broadcast and viewership, as well as sales performance of broadcasting rights; "Situation in Japan" includes the player population in Japan and information on national competitions, as well as the performance of Japanese players in the two most recent world championships. Organizations wishing to propose an event during the 2020 Toyko Olympic Games must respond to these questions. TOCOG also will consider appeal to youths and domestic popularity - which will increase Japanese enthusiasm towards the Olympics - as essential qualities for selection. The secretary-general explained in a press conference on May 11 that TOCOG "balanced the perspectives of the IOC and TOCOG."

 TOCOG set the deadline for applications on June 8, and will announce the results of the first step of selection on June 22. After holding an audience in Tokyo early August, TOCOG will hold experts meetings to further refine the selection of events, which they will propose to the IOC by September 30. The final decision on whether the new events will be held at the 2020 Games will be made at the IOC general meeting to be held August 2016 in Rio de Janeiro.
05/15/2015



 It has been determined that WCBS President Mr. Dupont will come to Japan to pay a courtesy call to Organization Committee The visit is scheduled for March 11th.
03/04/2015



 NBA announce the following credible information. The information stated that billiards meets the conditions necessary to be considered as an Olympic sport. In other words, the IF (WCBS) satisfies the requirements to be one of the IOC's recognized organizations, and is qualified for possible inclussion in Agenda 2020.
 The general secretary of the WCBS, Mr. Maxime, is in possession of the IF report, which is one of the materials necessary for the selection process, and NBA submitted a Japanese translation.
 As for what happens next, there is a meeting (project review) in early February to determine the selection method, criteria, and schedule. Following this, the deliberating committee within the organization committee (TOCOG) will carry out the selection, and finally, the results will be determined after consultation with the IOC.
 This page will be updated with new information as soon as it becomes available.
01/26/2015
 
 
   

(c)2003-2006 NIPPON BILLIARD ASSOCIATION All rights reserved.